The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
わたしは700キロの鉄の塊と40リットルのガソリンを持って時速40kmで人とすれ違っている
2013-11-22 Fri 01:04
JTのアレ風に交通安全標語を考えてみた。
どうよ。

歩行喫煙による死傷者数は発表されてませんが、確実に4411人も死んではいないでしょう。
ちなみに4411人は2012年の交通事故死者数です。

あー面白い面白い。

健全で良識溢れる皆様がマナー違反の歩行喫煙に目を光らせていらっしゃるわけですが、当然何かに注目していると見逃してしまうものも出てくるわけでして、今日も700キロの鉄の塊と40リットルのガソリンを持った時速40kmで走る誰かの足の下で人々は肉片と化してゆくわけであります。

うん、歩行喫煙はいけないねーほんとーにねー。
危ないもんねー。
健康被害もあるもんねー。

以下wikipedia引用

排気ガスの成分

一酸化炭素
有機化合物が酸化される際、酸素供給が不十分な不完全燃焼であると発生する。酸素供給が十分であれば二酸化炭素となるため、空燃比を高くし、燃焼室を高温高圧に保つことで抑制ができる。人体に対する毒性は極めて高い。
炭化水素 (HC)
ガソリン(C8H18など)が揮発したり、燃焼が不完全で燃焼できなかった混合気がそのまま排出されると発生する。太陽光の紫外線成分によって、光化学スモッグを引き起こす光化学オキシダントへと変化する。呼吸器などの粘膜への刺激、農作物への悪影響が見られる。圧縮比を高くする、燃焼温度を高く保ち長時間燃焼させることで抑制できる。また、ガソリンタンク等から揮発したガソリンも漏れるとこれに該当する。これは排気口から出るわけではないが、社会一般においては排出ガスの一部と見なされることが多い。
窒素酸化物 (NOx)
通常の燃焼では極微量しか発生しないが、高温・高圧状態になる燃焼室では窒素が酸化しやすく、発生量が増加する。燃焼効率向上のために圧縮比が平均的に高くなっている近年では排出量も無視できないレベルに達している。排出ガス全体のうち、自動車の排出ガスによる発生量が3割を占める。窒素酸化物には酸素の結合量によっていくつか種類があるため通常は酸素の数をxと表記し、各種の窒素酸化物をまとめて示している。微量の窒素酸化物は植物の生育に役立つが、濃度が高いと大気汚染、光化学スモッグ、酸性雨の原因となる。圧縮比や燃焼温度を低くすることで抑制できる。
粒子状物質 (PM)
マイクロメートル単位の粒子。大気中に浮遊しているものは浮遊粒子状物質 (SPM) と呼ばれており、粒径10μm以下のものと定義されている。特に粒径の小さい2.5μm以下のものは微小粒子状物質 (PM2.5) と呼ばれており、肺胞にまで達することから健康への影響も大きいと考えられている。
二酸化炭素 (CO2)
有機化合物の燃焼や生物の代謝によって発生する。低濃度の二酸化炭素は呼吸に必須であり有害ではないが、地球温暖化の原因物質であると考えられていることから抑制が進んでいる。他の有害物質の抑制は二酸化炭素の増加とほぼ等しく、両者を共に減らすには燃料の消費量を減らすしかない。対応策として電気モーターを併用するハイブリッドエンジンや高燃費のガソリン直噴エンジンが使用されている。
硫黄酸化物 (SOx)
硫黄の酸化物の総称。二酸化硫黄 (SO2) と三酸化硫黄 (SO3) を主に指す。十分精製されていない石油や低品位の石炭などは硫黄を含んでおり、これらの燃焼によって発生する。大気汚染や酸性雨の原因の一つ。減少してはいるが現在使われているガソリンにも硫黄が含まれ、微量のSOxが発生している。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<() | dieselpower | Lost Planet 2 3.75inch line >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| dieselpower |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。