The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
トランセンデンス
2015-04-23 Thu 02:29
トランセンデンス観ました。
なんか、方々で評判悪いですねw

ちょいちょい思う所あったんで書いてみたり。
ネタバレなんで追記に格納。

こいつぁ機械知性の暴走とかでは全然無かったですね。
B級感漂う機械VS人間的なストーリーではないっす。
そういう構図はでてますが。
なので機械VS人間のテーマが陳腐だという批判はあんま的を射てないと感じました。

このお話のテーマはむしろ自我の定義じゃないすかね。
ターミじゃなくて初代劇場版攻殻っぽい感じ。

サイボーグとかまでいかなくても10年前の自分と今の自分は全く異なっているし、
人の細胞は毎日入れ替わってるし。
じゃあどこで自己同一性(この訳未だにしっくりこないですね)、アイデンティティを担保するのか。

この映画ではそれが記憶だったり、妻への感情だったのかなと。
そういう点では真っ当にSFしてるし、ドラマ的には真っ当な夫婦愛タイプのラブストーリーでした。

だからテーマが古いとかありきたりとか言うのは笑点に斬新さを求めるようなもので、
ちょっとズレてないかなと思ったりするんです。

私が気になったのはむしろ背景となる科学技術の描かれ方とか過激派のRIFTの描かれ方でした。
科学技術についてはもう魔法じゃね?ナノマシン万能説?ちょっと無理あったかなと。
RIFTについては立ち位置がよく分からないのとか全体に描写が足りない印象でした。

ストーリーとしてあんなに主人公を強くしなきゃいけなかったのかなー。
ナノマシンは止めた方がよかったような気がします。お話的に。
むしろ情報処理能力とか「同時にいたるところにいて、つまりどこにもいない」的な
複製や並列処理の方がヒヤヒヤしたんじゃないでしょうか。

と、いろいろ言いましたけど観といて損はないと思いますよ。
ジョニデが今までで一番素っぽいのがちょっとオモローですw








スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<管理人隔離中です | dieselpower | S.I.C 極魂 オートバジン レビューというかなんというか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| dieselpower |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。